FC2ブログ

2月最後の日曜日

 28, 2010 19:55
朝7時。
チャリ2台が自宅に到着。



今日の海のコンディションは、波高2メートル。
かなり荒れています。
慎重に装備を整えます。

kkkk+014_convert_20100228193801.jpg

河口からゆっくりと海へと向かいます。
波の高さに少し笑っています

kkkk+029_convert_20100228194209.jpg

盛り上がる海面。

kkkk+028_convert_20100228194100.jpg

沖から押し寄せる波。

kkkk+027_convert_20100228194336.jpg

中本氏も千代氏も、かなり腕をあげました

津摩海岸を抜け、波裏の海藻エリアに入ります。
ここは波も立たず、休憩タイムです。
海水は澄んでいて、春の到来を告げる海藻がたくさん茂っています。

kkkk+025_convert_20100228193922.jpg

約3時間、日本海で遊びました
少しづつ海の中も春に近づいていますよ

kkkk+024_convert_20100228200217.jpg
スポンサーサイト



五島市サヨナラの日

 25, 2010 20:32
早朝の五島市福江港
ここからフェリーで4時間ゆられて長崎港を目指す。



フェリーターミナルは少しづつ人が集まってきた。

P2210259_convert_20100225204338.jpg

P2210255_convert_20100225204153.jpg

まずはトラックや乗用車がフェリーに積み込まれる。
冷凍保冷車が多かった。

P2210248_convert_20100225203928.jpg

ゆっくりとフェリーは島を離れていく。

P2210277_convert_20100225204511_20100225205423.jpg

しばらく走ると、ダイナミックな景色が続く。

P2210289_convert_20100225204730.jpg

ちょっと客席で寝てたら・・・・。
あらら。長崎港入り口だよ~。

P2210304_convert_20100225204840.jpg

P2210278_convert_20100225204622.jpg

近未来的な長崎港フェリーターミナルへ着岸。
楽しい旅は終りを告げる。
旅の余韻はすぐには来ない。
1週間後か1か月後にやってくる。



長崎市内では、年に一度の ランタンフェスティバルの真っ最中!!

P2210313_convert_20100225205006.jpg

P2170054_convert_20100225204044.jpg

ちょいと長崎市内を散策。
中国の旧正月の祝行事イベントです。
豚や貢ぎ物はすべて本物。
豚は死んでも笑顔でした・。

P2170049_convert_20100225205213.jpg


いやぁ~~ やっぱり長崎市は楽しいや



今回の移住体験を五島市役所のホームページでアップされてます。
              ↓
http://www.city.goto.nagasaki.jp/pc/policy/index33_01_19.html
全ての写真に登場していますよ~ しかし、はっきりした写真を撮って欲しいよね・・。

3日目は農業体験 ブロッコリー

 25, 2010 20:05
3日目の午前中
五島空港近くのブロッコリー畑へ。
今日は収穫体験をする。



規定の大きさにカットする。

P2200170_convert_20100224193525.jpg

以外に泥だらけになった下半身。

P2200182_convert_20100224193710.jpg

ここのブロッコリーは、ひとつ100円で売るとか。
ざっと10000株あるから、100×10000は・・・

P2200181_convert_20100224194239.jpg

9時から正午までみっちりと働く。
ブロッコリーを包丁でカットしながら海が見える。
頭の上をプロペラ機が飛んでいく。
黄色の菜の花が満開だ。

おなかすいた。

今日のランチは何だろう?
っと思っていると、街中の商店街へ連れていかれる。
おおおおお!!!!
鮨屋に入場

P2200184_convert_20100224194959.jpg

そうです。今日のランチは、ニギリ寿司。
お昼から凄い贅沢です!!!

P2200192_convert_20100224193320.jpg

メニュウをのぞくと、ウニちらしが
さすがに高いですね~。

P2200190_convert_20100224195500.jpg

ちょうどこの日は、五島市のマグロ祭りの最中。
マグロのニギリは無料です。


P2200191_convert_20100224194103.jpg

今回の五島市まるごと体験は、3泊4日、宿代、食事代、移動代、すべて込みこみで、1万円  最高でしょ!

ニギリ寿司を食べて、マグロを食べて、島を堪能です。


午後からは、地元の主婦のみなさんと一緒に、
豆腐づくりをします。

P2200230_convert_20100224201358.jpg

見ず知らずのオバちゃんに、イキナリ名前を言われる。
「マツバラ ヒロシさん~1班よぉ~」
えっ!?俺? 名前微妙に違うけど良いか。

男は私と7歳の子供だけ。
あとは地元女性ばかり。 
残りの方々は地元の五島市民。
子供も参加中。

P2200231_convert_20100224202938.jpg

けっこう美味しい豆腐が、鍋いっぱいにできました。
五島方言を聞きながら、豆腐に醤油を垂らします。



明日は最終日。
朝7時40分のフェリーで長崎に帰ります。

今夜は、のんびり街を散策します。

P2190131_convert_20100225203710.jpg

2日目のその他

 25, 2010 18:05
まずは、島内にたくさん点在する教会を訪ねる。
離島は道が狭い。だけど地元住民は凄いスピードで走っている。
天気は良いと、気持もマスマスオープンになる。



海水は澄んでいた。浜田市でも綺麗だと思うけど。。。
埼玉から来た男の子は、飲めそう!!って叫んでた。
五島市の人口は、4万人くらい。
たしかに場所によっては、隣町まで車で15分とか。
でも病院は凄くでかい。
ドクターヘリもある。
24時間コンビニもある。1件だけど。
でも自然が地球本来の形で残る島は素敵だ。

P2200197_convert_20100224200914.jpg

しばらく公用車で走った。
約45分くらいか。
レンガつくりの教会の横は、海だった。
そう、五島にある教会は、長崎のキリシタン弾圧から逃げてきた
隠れキリシタンがそもそもの起源。
陸からは歩いてこれない、または絶対に見つからないところに教会を立てた。
必然的に、海からのアクセス(資材搬入や移動手段)の良いところに建ててある。
たしかに海に近い場所に教会が多い。

P2200202_convert_20100225180700.jpg

P2200203_convert_20100225180822.jpg

ステンドグラスの柔らかな明かりは当時を思ふ。


作家、白石 一郎の本が好きで良く読んだ。
ジャンク船と言って当時の中国の船をこう呼んだ。
船はそりかえり、目玉や青色や金色で塗装を施した船だ。
その船は、悪さ略奪をするときには、和漢(日本人)の格好や偽装を施し勝手気ままに悪さをしたという。
その時代の物語が好きな私は、ついつい海賊衆に想いを傾ける。
その時代に生まれていたならば、間違いなく異国の海を目指したと思う。

P2200204_convert_20100225182046.jpg

五島列島。
私は大好きな島だ。
みんなと一緒に行きたい。
そして五島焼酎を飲みながら時間をゆっくり進ませたい。

五島市 体験2日目 漁業刺し網体験

 23, 2010 21:02
朝9時。
とある漁港へと車は進む。
漁師の方2名と一緒に2隻の漁船に乗り込む。

P2190114_convert_20100223200834.jpg



港からゆっくりと出る。山を見ると雲がかかりはじめている。
天気が崩れそうだ。

P2190117_convert_20100223201015.jpg

P2190121_convert_20100223201230.jpg

P2190122_convert_20100223201337_20100223202328.jpg

昨夜から仕掛けてあった刺し網、100メートルをあげる。
水深は4メートルほどか。
澄んでいるので底までよく見える。

P2190123_convert_20100223201544.jpg

獲れた魚は、タカノハダイが5匹とサメが1匹。
それとサンゴの塊が少し。
タカノハダイのことを、五島ではキッコリと呼んでいた。
この時期は、何もとれないらしい。
夏になれば、大きな伊勢海老がたくさんとれるとか。

P2190126_convert_20100223201926.jpg

しばらく船をまわしてみた。
漁師の方と話す。
どうですか、魚の値段は?

いや~安いよ。石鯛でも1キロ1000円くらいだよ。

っと。
やはり離島の漁業の実態は大変らしい。
燃料代から、箱代。本土への輸送代に氷代。
船の装備代など・・・

漁師にはならんほうがええよ~。
丘で働くほうがええよ~。
っと。


P2190130_convert_20100223202736.jpg

とりあえず、あばれるサメをつかんでみる。

P2190129_convert_20100223202036.jpg

顔はヘビみたいだった。

色々と厳しい状況の離島漁師。
でも魅力的と感じるのは何故だろう。
自由。気まま。性格が合う。

自分が伊勢海老を捕っている姿を想像してみた・・・。3匹掴んだ。。。。。



帰り際に漁師さんが、
また何時でも来ていいよ。
っと。

優しい笑顔の離島漁師だった。
小雨が降りだした漁港を後にしながら、また来ることは出来るのだろうか。来れるのだろうか。と考えた。

五島市 1日目の夜は。

 23, 2010 18:47
滞在中、お世話になる 中本荘 。
このタイミングで改装中。 
場所は、五島市武家屋敷町。

P2190107_convert_20100223183750.jpg

2階の8畳の部屋に入ると、名札と茶菓子がセットしてあった。
ありがたく頂く。
少し広い部屋で寛いでいると五島市職員がお出迎え。
今夜は、親睦会です。
移住先駆者との意見交換や色々な話をしながら飲むってことで。



P2190108_convert_20100223184910.jpg

公用車でどこかへ連れていかれます。

P2180087_convert_20100223183030.jpg

向かった先は、海に面した小高い丘にある、古民家風建物。
景色は最高の場所にあります。天気が良ければ海に沈む夕焼けが見えるでしょう。
それにしても
囲炉裏がたくさんあります。

P2180099_convert_20100223185459.jpg

移住した方や、市の職員。それに移住体験者の私たち。

P2180097_convert_20100223183222.jpg

五島牛に五島焼酎。
囲炉裏の熱風と酔いが顔を襲う。
すぐに酔う。
たくさんの海産物に、面白い話。
なんだかゆっくりした島時間が流れていきます。
ビールより、焼酎が多くでる。さすが離島。


P2180103_convert_20100223183552.jpg

そして五島うどん。
五島うどんの元祖は、上五島だとか。
いつか行ってみよう。うどん好きだからなぁ~。

P2180104_convert_20100223183350.jpg

隣の囲炉裏でスーツ姿のオッサン議員達と宴中の五島市長を発見!!
ネットで調べて、女性市長とお顔を覚えていた私は
すかさずツーショットをお願いする
是非五島市に移住をと柔らかな笑顔で言われました
五島市の支援制度では、農業だと2年間は月に15万円の支援をうけながら、農業に従事できます。
漁業は1年だったかな。 漁業も2年だといいのにね。
住むところは半年間は無料です。
それ以外にも住むところは安いです。1万~2万円。4万円もだすと7LDKとか借りれます。

もし五島市に移住して生活に苦しんだら、すぐに市長に助けて~と行こうと思いました。

今日は初日ということもあって、疲れが出て、すぐに宿に帰ると寝てしましました。

明日は漁業体験です。楽しみだぁ~

五島市 福江港 入港そして上陸

 22, 2010 20:58
天気が悪いと淋しく感じる離島の港。

P2190166_convert_20100222204958.jpg




集合場所のフェリーターミナル1階 観光バス案内所前に進む。

P2180071_convert_20100222204419.jpg

外は雨。時折雪がちらつく。
少し疲れが出たところ。
おなかすいた。

P2180072_convert_20100222204524.jpg

五島市の市役所職員に食事に連れていかれる。
五島市一番のホテルの2階。
ふすまを開けるとおおおおおお。

P2180073_convert_20100222204716_20100222205104.jpg

凄いごちそうが待っていた。
その後4日間。ずっとご馳走が続くのである。

今回、全国からの参加者は・・・・・なんと、たったの5名
埼玉県から27歳男性一人。名古屋から50代女性一人。大阪から50代男女カップル一組み。
そして私。

P2200217_convert_20100222210002.jpg

島の天気は変わりやすい。雨、雪、晴れ。
近くのビーチまで散歩してみた。
さすがに綺麗だ!!
貝殻を拾って娘のお土産に。

長崎港からフェリー そして五島列島へ

 22, 2010 18:32


旅とは、鼻で感じるものである。

行く先々で最初に感じるのは・・・匂い。
そう、その土地特有の匂いを嗅ぐのが楽しい。


朝7時。
長崎フェリーターミナルに着く。
少し落ち着かない自分にビールで乾杯。

いつも、気ままに、ふらっと、どこかに出かけてしまう俺。
ありがとう嫁さん。

これから始まる旅を楽しむ自分に乾杯

これから4日間の五島まるごと体験が始まる。

ドキドキ。そして心の奥にはマーマレードの味がひろがる。

碧い海をフェリーは進む。西へニシへ。

 所要時間は4時間弱・・・・・。

どんな可愛い女の子が出迎えてくれるのか・・・・。

P2180065_convert_20100222185342.jpg

P2180066_convert_20100222185454.jpg

2等客席はガラガラだった。 テレビの前を占領し寛ぐ。そして寝る。

川から海へ

 14, 2010 11:25
日曜日、早朝6時
まだ暗い。
今日はカヤックで遊ぶ日。

寒さの中にも春を感じる河原へカヤックを運ぶ。
遠くに大麻山を見ながらゆっくりと川を上り下る。

皮3

カモの集団が3グループいた。カラフルな仲間から、シックな仲間。そして青い仲間。
ちょっと追いかける。

皮4

鉄橋をくぐると真上を汽車が走っていった

皮5

河口から海へ出る。
視界が広がり、波をうける。
今日の波高は、1.5m。

皮1

ロックガーデンを漕ぐ
波がぶち当たり白く泡立つ。

皮2

水温は冷たい 魚を探すけどちょっと見えないなぁ~。

皮 

約2時間30分ほど遊んで丘に上がる。
少し出るだけで非日常体験が出来る。

おなかも空いたし家に帰って御飯山盛り食べよう

プチアウトドア

 13, 2010 22:51
プチアウトドア

今日のお昼ご飯は公園にスクリーンタープを建てて、その中で頂きました。そのあとあっくん隊長が率いて、ももぐみ隊の二人とともに、プチ探検にでかけました。DSC01185_convert_20100213211747.jpg

探検中の3人です。楽しそう
DSC01193_convert_20100213212026.jpg

探検隊は橋を渡ります

# アウトドアとインドア

 12, 2010 12:56
もう10年間、海のそばに住んでいる。
シブキがかかるほど近くに。
それまでは商店街に住んでいた。
最近ちょっと感じること。 
長い間、近くにいると感動は離れていく。
キャンプで山に行った。海とはちがった匂い
朝10時。
ユメタウンの駐車場に集合する。
大きなカヤック2艇を積んでいるので注目度満点。

男ばかりで買出し。カートには様々な食材が放り込まれる。
山崎料理長!いったい何が出来るのか。
16,000円を超える男買い。


浜田市から186号線を山へ山奥へ。どんどん雪が多くなる。
芸北のジュンテンドーでソリを買う山崎料理長。
路面も凍結圧雪。
聖湖入り口からは、もう車では進めない。4WDでも進めない。

018_convert_20100209193959.jpg


2人乗りカヤックを2艇下ろして荷物を積み込み、皆で引っ張る。
雪の上をカヤックは走る。
目指すキャンプゾーンはまだ先・・・・。

030_convert_20100209194116.jpg
初日の土曜日は吹雪です。
早くテント設営しなければ。
026_convert_20100209200130.jpg

こんなに雪深いとは・・。
吹雪いてきた。
誰も歩いていない雪面を進む。
ウサギにキツネ。足跡観察も楽しい。
しかし重い。かなり重い。上り坂が迫る。心臓が口から飛び出しそう~
タンデムカヤックを2艇引っ張る。ロープが腰、肩に食い込む。
しかし愉快な大人たち。笑いながら前へ前へ。

川を見ると流れはあるが凍っている場所も多い。
はたしてカヤックはできるのか??

今回のキャンプ参加者は、 HAU専属料理長 山崎氏  
             山崎氏の 長男 リュウキ 
                  次男 タカ
             ランナーズハイ  千代氏
             心臓を2つ持つ男 中本氏
             HAU      私
                以上 男6名です。

image_20100214062413.jpg


035_convert_20100209200400.jpg

テント設営後はゆっくりと過ごす。料理長の手料理を楽しみながら夜は更ける。
まさにプライス¥レスの時。

032_convert_20100209200250.jpg

楽しく暖かいテントでの宴
と言ってもマイナス3℃ですが。
すでに2名は出来あがってます。

夜中にテントの外に出てみると風が止んでいた。
見上げると。。。。。星と星の間隔が狭い。綺麗。 
回りは真っ暗なのに星明かりが雪に反射して青白く森が浮かんでいた。
もっと星座を勉強しようっと思った。

045_convert_20100209203412.jpg

朝起きると、こんな感じです。
気温計は、マイナス15℃超えてます。
きっと夜中はそれ以上寒かったはず。
テントの中で髪の毛が凍ってましたから・・。

見上げると青い空が。
楽しくなりそうな一日の予感です。

043_convert_20100209200543.jpg

様々なハプニングが生まれたベースキャンプ。
飲みすぎ、ゲロに寝ゲロに、テント穴あき火事、夜雪中車鍵捜索、近所大便・・・。
なんでこんなにハプニングが起こるのか???
それは楽しいからです

047_convert_20100209203927.jpg
子供も頑張る。男だからな!!
107_convert_20100209201628.jpg
雪で足がズボズボはまり、上りに下りに大人は頑張る。
どんなに苦しくても笑い声は絶えません。

068_convert_20100209202738.jpg
やっと湖まで着いた。天気最高~。気持いいいいいいい
しかし湖は・・・・湖面が見えない。

077_convert_20100209203247.jpg
パドルじゃなくスコップで氷を割る千代氏。
必ず叩き割って漕ぎだしてやる!!
ここはすでに湖の上です。
手前の白いところは約20センチの氷の上。

083_convert_20100209202557.jpg
なんとか漕ぎだそうとスコップで氷を割りながら頑張る。けっこう湖の真ん中なのに、この厚さ。

088_convert_20100209202140.jpg
立っているところは、岸から10メートル入った湖の上。20センチくらい凍ってた。
ジャンプしたら微かにミシって音がした。
奥に見える水溜まりは、千代氏がスコップで頑張った跡。
カヤックは断念しました。だって氷が凄いんだもの。


103_convert_20100211202356.jpg

087_convert_20100210072654.jpg

113_convert_20100209201454_20100209205410.jpg
ハンモックで遊び、風と音の流れを感じる。

102_convert_20100209201825.jpg
遊んで喉が乾いたら雪をほおばる。味があるような無いような。

127_convert_20100209201213_20100209205410.jpg

hau専属料理長のマグカップには肉塊が・・
二日酔いには見るのも気持悪いようで。

130_convert_20100209201105_20100209205409.jpg

青空の下、雪の絨毯の上で啄木鳥が木を穿つ音を聞きながら、

      ゆっくりと時間は過ぎます。


次回は3月予定。 さぁ行きましょう

家族揃って。

 03, 2010 18:00
タミフル
黄色と白のツートンカラー。
新型インフルエンザへようこそ~。
家族みんなで仲良く飲んでます
妻の仕事も子供の保育園も休み~
日脚保育園では蔓延中とか。

WHAT'S NEW?