FC2ブログ

日本の梅雨を楽しむ

 29, 2010 10:16
毎日雨が続きますね。
家の前の日本海も周布川から大量の雨水が流れ込み、カフェオレみたいになっています。

物凄い豪雨の中、庭に常設してあるテントの中でしばらく過ごしました。
フライシートを叩く雨粒の音を聞きながら、本を読んでいると、あまりの豪雨に可笑しくなってきました。
ふと天井をみると2匹のカナブンも雨宿りしていました。


先日、ヒナシビーチを潜ってみて、魚や海藻が少ないのを感じました。
また海底が最近堆積した砂に覆われて、水深が少し浅くなっていました。
おそらく今実施中の日脚海岸護岸工事ブロック埋め立て工事のためだと思われます。
近所のおじいさんが言ってました。『ワシが子供のころはあの岬まで砂浜じゃったわぁ~』
その岬は今、水深4メートルはあります。
浸食から海岸線を守り、日本国土を守るために必要な工事です。
ここヒナシビーチに魚や貝が戻るまでしばらくかかりそうです。


7月25日(日)に益田市在住の方と一緒に高津川で遊ぶ予定にしています。
現在スタッフと調整中ですので、しばらくお待ちください

逕サ蜒・146_convert_20100629095254


ハウ
スポンサーサイト



夏前の準備中!! chiyo

 28, 2010 20:35
夏前の準備中

夏前の準備中です。

現在梅雨まっ只中ですが、着実にもうすぐそこまで夏は迫ってきています

今年の夏は、海に山に遊ぶぞー!!!

最近購入したモンベルの海道具一式を装着して、着ごこちお試し中です。

早く海にダイブしたいなー

DSC01322_convert_20100628201739.jpg

手袋、とったどーーー

今度は海の散策を楽しむぞーーー


chiyo


今日もどこかの海へ

 27, 2010 22:38
カヤック使って
メリックとパサールあきさんと3人で
ムーンビーチ(秘密の海岸)へ行ってみました。

潜ってみると小さなサメがいました。
小魚の群もいました。
メバルもたくさん。そういえばタコもいたな~。
ベラもいる。アイゴとタカノハダイはどこでもみるなぁ~。
おぉ!石鯛の群を発見。潜水開始。
銛発射。失敗。



今日の獲物は、カサゴの良型とメバルです。
カサゴは刺身と味噌汁にしました。

003_convert_20100627222405.jpg

カサゴの刺身を食べながら、娘は部屋中を泳ぎます

スーパーで西瓜を見ると、クーラーボックスのでかいやつが欲しい今日この頃です。

hauカタマラン計画 進水式成功

 23, 2010 19:52
hau 双胴船計画( カタマラン計画 )

2艘の船をつないだ形状であることから、下部船体を細長くしても広いデッキ(甲板)が作れる。 安定性が高く、水面下の船体形状を細長く出来ることから巡航速度を高くすることができるため、外洋ヨットのデザインとして採用されることも多いが、モノハル(Mono-hull)と呼ばれる単胴型の通常のヨットに比べると、万が一の転覆時に復原性が確保出来ないことがデメリットである。

また、旋回などの運動性能が劣るため、軍艦などには不向きとされてきたが、近年では、流体力学を用いた船舶工学の発展により、高速化・低燃費化に成功した。

双胴船の考えは古くからあったが、これまでの鋼鉄製の船体では、2つの下部船体とそれらを結合する上部船体により多くの構造部材を必要としており、また水との接触面積が広くなるために抵抗が増す不利もあるため、単胴船に比べて総合的に優位に立つことが出来なかったが、20世紀末頃から軽量なアルミ合金製の船体が使用可能になると、高速航行が求められる観光船やカーフェリーといった客船を中心に実用的な船が作られている。

032+(2)_convert_20100623193959.jpg

ハワイロア(Hawai'iloa)とは、1993年にハワイ州ホノルルで建造された双胴の航海カヌーである。ハワイイロア、ハヴァイロア、ハヴァイイロアとも表記される。建造したのはポリネシア航海協会である。

総説 [編集]
ポリネシア航海協会は既に1975年に建造されたホクレアを所有してはいたが、古代ポリネシアの航海カヌーと同じように丸太材から船を削りだした経験は持っていなかった。そこで彼らは、ハワイの伝統的なカヌー用材であるハワイアン・コアの木を用いた遠洋航海カヌーの建造を決定した。ところが1989年に彼らがハワイ諸島を調査したところ、乱伐と環境破壊の結果、大型の航海カヌーに使えるようなコア材は1本たりともハワイ諸島には存在していないことがわかった。

ポリネシア航海協会は方針を転換し、北米大陸の木材の利用の可能性を探った。その背景には、かつてハワイ諸島では北米から漂着した流木でカヌーを造ったという事例がある。

ポリネシア航海協会はハーブ・カネの伝手を辿って北米の先住民クリンギット族に連絡し、航海カヌーに使用出来る木材を探してもらうことになった。ただ、当初ポリネシア航海協会はクリンギット族から木材を購入しようと考えていたが、これはクリンギット族から拒否され、クリンギット族、トリンギット族、ハイダ族の3部族からの無償贈与という形式になった。こうした形になった最大の理由は、北米先住民たちが同じくアメリカ合衆国内のマイノリティである先住ハワイ人たちを相手に商売することを望まなかったからである。

船は試行錯誤を繰り返しながらも1993年に完成し、1995年にはソシエテ諸島経由でマルケサス諸島までスター・ナヴィゲーションによる往復航海を行った。その後、同年秋にはクリンギット族、トリンギット族、ハイダ族を表敬訪問した。

ハワイロアはこの航海限りで現役を退き、腐敗を防ぐ為に現在は陸上で保存されている。


仮組段階ですが,写真では電気モーター搭載で地球に優しい仕様です(最大で6時間連続運転可能)
これから海上を吹く風を使い、より遠くまで風と一緒に行くのが最終目標です。

写真はホクレア号

240px-Hokulea2.jpg

こんな感じで、これからは中央部分に帆を張る為の準備を組んでいきます。
建造スタッフ募集中

シュノーケリングの日

 23, 2010 19:12
梅雨なのに今日は晴れるらしい。
少し行ってみましょうか



まずは腹ごしらえ。
食べないと浮いてしまいます
ランチは’ごん太うどん’。

今日は昨日までのうねりが少し残っています。
水中は少し濁りが出ていて底が見えません。
風も北東が少し出てきました。

026_convert_20100623184528.jpg

泳いでる魚を探しますが濁りで見えません。
底まで潜って岩の裏を覗きます。
色々探って、やっとこいつを見つけました。

一撃必殺
アイナメ 47センチ。

038_convert_20100623184025.jpg

すぐに捌いて、豪快に焼きます。

029_convert_20100623191824.jpg

胃の中からは、小魚が2匹出てきました。

032_convert_20100623184321.jpg

身がプリプリして弾力があります。
むしゃむしゃぱくぱく。
二人で半身ずつ完食しました。

さぁ 次はどんな大物に出会うのか


アイナメ特徴
全長30cm-40cmほどだが、60cmを超えるものもいる。カサゴ、メバル、カジカなどと同じカサゴ目に分類されるが、アイナメはひれの棘条(とげ)が発達しないこと、背びれが1つに繋がっていること、体高が高いこと、鱗が細かいことなどが特徴である。これらの特徴はクジメやホッケなど、他のアイナメ科の魚にも共通する。

体色は生息地の環境により黄、赤褐色、紫褐色など様々だが、繁殖期のオスには黄色の婚姻色が現れる。近縁種のクジメとは尾びれが三角形に角ばっていることで区別できる。また、アイナメの側線は体側中央だけでなく背びれ、腹びれ、尻びれの根もとに計5本もあるが、クジメの側線は体側の1本だけである。

南西諸島と太平洋側の一部を除く日本各地の沿岸に生息し、日本以外では朝鮮半島と黄海沿岸にも分布する。昼行性で、岩礁帯やテトラポッド、防波堤などの陰につき、小魚や甲殻類、多毛類などを捕食する。

産卵期は秋から冬で、オスは岩陰などにメスを誘い込み産卵させる。オスは巣に次々と複数のメスを誘い込んで産卵させるので、卵は緑褐色や赤紫色の大きな卵塊となる。産卵が終わった後もオスは卵のそばに残り、敵を追い払って卵塊を守る。孵化した稚魚は岩礁の周辺を泳ぎ回りながら成長するが、全長5cmを超えると親魚と同じように底生生活に移る。

# なんか

 16, 2010 20:50

#

 16, 2010 20:48

#

 16, 2010 20:41

# なんか変なカタチ

 16, 2010 20:38
昨日の夜、カップラーメンが食べたいと、留学生いや野生児メリックと師匠がマイ億ションに参上。
英語なんてさっぱり不明の自分と少しだけ会話、あとは師匠お願いします。
とか何とかで、朝一で海に出発!
日脚海岸~三隅までの冒険。
途中で大休憩を兼ねて海潜り。
ちなみに私は体調不良で朝から痔です。貧血の中ドボン。
野生児二人は魚つきまくりの大漁大漁。
いやー、今日は夕方まで海三昧。楽しかったなー。
オーストラリアからの大学生メリックが家に泊まる。
次の日、一緒に朝早くからシーカヤッキング&魚突きに出かけるからである。

朝6時。中本氏参上

007_convert_20100616171834.jpg

三人でヒナシビーチから、三隅町のパサールを目指す。
海上距離で約15キロ。

途中、休憩をしながら魚突きをする。
メリックは潜るのも獲物を捕るのも凄く上手い。

故郷オーストラリアでは、カンガルーやポッサムや様々な動物を仕留めるらしい。
スキー板を加工して、弓を作ったとか。色々と面白い話を聞きながら遊ぶ。

015_convert_20100616172419.jpg

ヒナシビーチ出発は午前7時40分。
パサールについたのは午後1時30分。

メリックは、カサゴ(ぼっこう)の28センチとタカノハダイの33センチをゲット。
hauは少し頑張って潜って60センチのコロダイをゲット。

012_convert_20100616172050.jpg

この後、コロダイとカサゴは、パサールのなっちゃんが刺身にしてくれました
タカノハダイはフライになりました。
漕いだ疲れと潜った疲れで超ハングリーだったので絶品でした。


硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜科イサキ科コロダイ属
コロダイ
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆暖流の影響を強く受ける初夏から晩秋までの入荷が多いが、量的には少ない。一定の評価はないが鮮度のいいものは高い。
生息域◆南日本からインド洋・西太平洋までの暖かい海。
生態◆磯や沿岸近くに棲息している
漁獲方法◆定置網/刺し網/釣り
大きさ◆60センチ前後になる
漢字◆「胡廬鯛」。
由来◆「ころだい」は和歌山県での呼び名を標準和名にしたもの。和歌山県では猪の子供を「ころ」と呼び、コロダイの稚魚にある斑紋がその猪の子供のものに似ているため。
呼び名・方言◆三重県尾鷲市では「かいぐれ」、徳島県阿南市では「よのみ」、熊本県上天草市大矢野町では「よのみだい」、愛媛県愛南市では「こたい

ゲット出来て良かった

パサールに引き寄せられる仲間たち

 13, 2010 13:13






オーストラリアのメルボルンからメリックが来た。超デカイ。190センチはある。

東京からママチャリ日本一周してる学生三人組が来た。超元気。

みんなで色々な情報交換や旅での苦労話や面白い話を聞きながらランチタイム。
メリックは一ヶ月程パサールに滞在決定。
ママチャリ軍団はパサールに二泊してから九号線を北上していきました。
パサールは出会いと別れの通過地点。
素敵な場所です

メリックと英会話を楽しむ。一日一緒に居て単語を思い出しながら考えながら話す。脳に良さそう。

ママチャリ軍団のホームページをチェックして下さい♪
ママチャリ日本一周で検索ヒットします。
九号線でママチャリ三人組を見つけたら、声かけてあげて下さい♪今日は大田市くらいだと思います。
http://greenz.jp/mamachari_caravan/?m=20100610 ←コピー貼り付け検索してね

七月、八月はパサール満月海岸(三隅町)でイベントがテンコ盛りです 皆さん遊びに来て下さい
カフェ&レストランは、正午から夜まで営業中

冷たい海水

 13, 2010 12:38



朝5時。電話が震える。
家の外に出ると、小雨の中に笑顔満点の大人が二人待機中。
まるでヒマワリのように。

今日は海でシュノーケリングをします。
ポイントは学生時代に毎日通った磯場。
山を越え歩き到着。
冷たい。冷たい。
朝早いから尚更冷たい。
クラゲが多い。なんでか多い。しかも刺すやつ。
私が上唇を刺され、みんなは数えきれない程、刺される。海の中から[痛ぇ!!]と悲鳴がたびたび聞こえる。

しかし楽しかった(^O^)いや~笑った♪
海は楽しい

ポニョの故郷 福山 鞆の浦を散策

 11, 2010 20:57
どこに行っても、すぐに水の中を覗き込むように見てしまう。

クラゲ。ボラ。たくさんの船。島々。 

穏やかな海。

獲物は少ないな・・瀬戸内海は。



妻とふたりでゆっくり散策。

020_convert_20100611202451.jpg

010_convert_20100611210119.jpg


008_convert_20100611205931.jpg


003+(2)_convert_20100611202934.jpg


014_convert_20100611202324.jpg


023_convert_20100611202150.jpg

日本海とは違う潮風の匂い。
日本海とは違う海の色。
日本海の漁船とは違う船形。

一度行ってみてください。
のんびりできます。
尾道も近いですよ

散歩か釣りか

 08, 2010 14:41
夜7時。
家族で散歩
家の裏の海岸通りを歩いて周布川河口まで。
河口でバシャバシャ何やらしております。
5センチくらいの小魚の群れを30センチくらいのスズキ(セイゴですが)が追っかけています。

竿をちょいと振ってルアーを飛ばします。
ゆっくり巻きます・・・・・・・・ ガッ!!!
釣れました。散歩30分釣り5分。

こんな感じで散歩しています
刺身にしようかホイル焼きにしようか
そういえばウナギも冷凍庫に眠ってるし。



刺身にしました
003_convert_20100608175305.jpg

今日は潜りますよ

 05, 2010 13:52
快晴。波無。紫外線強烈。
日脚ビーチから漕ぎだすこと20分。



あたたかな日差しの中、水温が高そうな場所を探す。
さぁ潜りましょう~
30分後、上陸
やっぱり冷たいみたいですね

それでも楽しい

獲物はソコソコげっと

011_convert_20100605130834.jpg

あめふらしと戯れます

023_convert_20100605131026.jpg

遊びまくりの土曜日
ゲットした獲物を刺身とバター焼きで梅酒と一緒に食します。
あぁあぁ~最高

色イロ

 03, 2010 20:11
001_convert_20100603193824.jpg

家の前の海岸を整備中の作業船と夕焼け。
200メートルにわたって消波ブロックが沖合50メートル地点に入ります。
今は、波が5メートルくらいになると我が家は震度3並に揺れます。
波が3メートルだと震度1くらいかな。 
この消波ブロックで家が崩れないことを祈る


ちょっと前にパサール満月海岸で満月ライブがありました。
ゆったりと贅沢な時が過ぎていきます

016_convert_20100603194047.jpg

ギャラリーもあります。
ハンモックで揺れる娘。
パサール特製ピザは絶品です
詳細はリンクのパサールをチェック!!
017_convert_20100603195006.jpg



7月のいつかの日曜日。益田市の高津川を下り上ります。
51e6fee83b137d72_20100603195302.jpg
詳しくは7月に入ってから

WHAT'S NEW?